アウトドアにおすすめのテントサウナを人気順に紹介

  • URLをコピーしました!

アウトドアにおすすめのテントサウナを人気順に紹介

サウナと言われたら、多くの人が入浴施設についているサウナのことをイメージすると思います。しかし、サウナはそれだけではありません。持ち運びが可能で、自然の中でサウナを楽しめるテントサウナというものもあります。湖畔や河原にテントサウナを設置し、サウナから出たらすぐに湖や川でクールダウンして「ととのう」ことができます。

そこで今回は、アウトドアで楽しめるテントサウナの値段やレンタル、関東・東京のテントサウナが楽しめるキャンプ場、そしてテントサウナを自作する方法などを紹介していきます。

目次

テントサウナとは

テントサウナ

テントサウナとは、文字通りテントをサウナにしたものです。

2020年にはサウナブームが起こり、そして2021年にはジワジワとテントサウナの人気も出てきています。テントサウナは持ち運ぶことが可能なため、川や湖などの水辺にテントサウナを設置し、しっかりと汗を出した後にすぐに湖や川に飛び込んで、クールダウンすることで大自然の中で「ととのう」ことができます。

このテントサウナで火照った体を大自然の解放感ある中で冷やして、リラックス・ととのうことができることから注目を浴びています。

テントサウナの特徴
①電気ストーブを使用し室内を温める
②薪ストーブを使用し室内を温める

の2パターンがあります。

①の電気ストーブを使用する場合は出力によって変わりますが、8kWでは80℃前後が室内の最高温度となります。

②の薪ストーブは、薪を燃やした熱でテント室内を温めるのでテントサウナの種類によっては室内が120℃まで達する事もあります。

テントサウナの作りは、テントの中に薪ストーブを設置して排気用の煙突を立てるというシンプルな構造になっています。

発祥地はサウナ大国フィンランド

サウナ発祥の国とも呼ばれているフィンランドでは、日本のお風呂のような感覚でサウナが楽しまれています。諸説ではありますが、テントサウナは元々、軍隊が遠征地でもサウナを楽しめるようにと開発されたものという噂もあります。

また、『サウナ』は世界中で意味が唯一通じるフィンランド語とも言われています。

アウトドアでのテントサウナの魅力や楽しみ方

テントサウナ

テントサウナには、通常のサウナには無いような様々な魅力があり、楽しみ方も通常のサウナよりも幅広いものとなっています。ここでは、テントサウナの魅力や楽しみ方を見ていきましょう。

テントサウナの魅力

通常のサウナは一つの部屋に大人数が集まりますが、テントサウナではプライベートな空間を作り出すことができます。自分の好き人と自分の好きな時間、好きなようにサウナを楽しむことができます。

またテントサウナは持ち運び可能なため、自然の中でサウナを楽しむことができます。これはテントサウナの最大の魅力と言っても良いかもしれません。サウナから出たらすぐに近くの川や湖に入り、水風呂として利用することができますし、大自然の中でととのうことができます。

テントサウナの楽しみ方

テントサウナは、防火素材のテント内に電気ストーブや薪ストーブを設置して、サウナ空間を作るという仕組みになっています。

テントサウナの楽しみ方の一つとして挙げられるのは、室内の温度や湿度を自分好みに変えるということです。テントサウナでは、室内の温度・湿度を変えることができるので色々な温度・湿度を試してみて、自分の好きなサウナの温度・湿度を見つけるもテントサウナの楽しみ方の一つだと思います。

さらに魅力の部分でも挙げましたが、他人を気にせずに自由にリラックスするというのもテントサウナの魅力だと思います。

通常のサウナでは、大人数が無言で汗を流しますが、テントサウナではプライベートな空間でサウナを楽しむことができるので、会話を楽しみながらもサウナも楽しめると思います。

また、全国各地でテントサウナを行うというのも面白いかもしれません。
しかし、いきなりテントサウナを購入して、テントサウナをキャンプ場に設置してというのは、少しハードルが高いと思う方もいると思います。

  まずはもっと手軽にテントサウナを楽しむために、レンタルやテントサウナを楽しめるキャンプ場などを利用してみるのはいかがでしょうか。

そこで、次にテントサウナのレンタルやキャンプ場について紹介していこうと思います。

関東・東京のテントサウナを楽しめるキャンプ場など

関東・東京のテントサウナを楽しめるキャンプ場

  1. 【東京】ヒノコトウキョウ
  2. 【埼玉】ノーラ名栗
  3. 【千葉】スモールプラネットキャンプ&グリル
  4. 【神奈川】ボスコオートキャンプベース
  5. 【群馬】土合ビレッジ
  6. 【栃木】日光サウナリゾート
  7. 【茨城】or 1 Ken ro studio
テントサウナ

テントサウナキャンプ場①ヒノコトウキョウ【東京】

ヒノコトウキョウ HINOKO TOKYO

東京都の檜原村にある会員制のキャンプ場です。プライベートスペースをゆったりと確保でき、自分で火を焚き、汗をかいた後は川に飛び込むことができるアウトドアサウナを楽しめます。

HINOKO TOKYOは都心から車でわずか1時間半、東京都檜原村にある会員制のキャンプ場です。1サイト1組限定、森の香りと川の瀬音に包まれたプライベートスペースでゆったりとしたアウトドアライフをお楽しみいただけます。

キャンプはもちろん、 川遊び・釣り・ハイキング・マウンテンバイクなど、遊ぶには充分な環境ですが気分をリフレッシュしたいとき、
大切な人とリラックスしたいとき、新たなインスピレーションが必要なとき、あなたの日常生活の延長上に、自然の中で暮らすことを取り込んでみませんか?

仕事仲間とのオフサイトMTGやモバイルオフィスでデスクワークも可能です。
「働くこと」「遊ぶこと」「暮らすこと」が融合した、HINOKO TOKYOをお楽しみ下さい。

ヒノコトウキョウ HINOKO TOKYO

とのことです。サウナだけではなく、快適な時間を過ごすために色々な工夫が施されています。ヒノコトウキョウで過ごす時間はきっと有意義なものとなるでしょう。

さらに、「MORI WORK」というものもあり、オフィスを森の中に持ち込み自然の中で働くこともできるそうです。仕事が終わったらサウナを楽しんだり焚き火をしたり、キャンプをしたりなどもできそうです。

基本情報
・住所:東京都西多摩郡檜原村下元郷44
・TEL:–
・料金
 <平日>宿泊:10,000円 日帰り10.000円
 <休日>宿泊:20,000円 日帰り20,000円
 ※ハイシーズンは一律20%アップ
 <入会金> 10,000円
サウナ小屋あり

テントサウナキャンプ場②ノーラ名栗【埼玉】

ノーラ名栗
ノーラ名栗

ノーラ名栗では、サウナクラブという施設で全9張あるフィンランド式のテントサウナを貸切で楽しむことができます。フィンランド式ということもあり、ノーラ名栗のテントサウナはロウリュとヴィヒタの設備がある本格的なサウナです。ロウリュのアロマオイルは自身で選ぶことができますし、自分自身のタイミングでロウリュも可能です。

フィンランド式のアウトドアサウナやグランピング、北欧風のBBQ、週末はマーケットやイベントを楽しむことができます。地域の豊かな自然をめいっぱい享受しつつ、名栗の山間地域の観光拠点、また、森林体験や環境教育の場としても機能していきます。

ノーラ名栗

ということです。自然を楽しむこともできますし、さらになんと言ってもフィンランド・北欧の雰囲気を味わえるというのは最高です。フィンランド式のサウナに加え、北欧風のBBQも楽しむことができます。

周りが本当に自然豊かな場所なため、大自然を感じながらリラックスしたいという方におすすめのキャンプ場です。

■基本情報
・住所:埼玉県飯能市下名栗607ー1
・TEL:042-978-5522
・料金
 <平日>テントサウナ:8000円/2名 お食事:3500〜6000円 宿泊:30,000円〜48,000円
 <休日>テントサウナ:10,000円/2名 以下:平日と同料金
テントサウナあり

テントサウナキャンプ場③スモールプラネットキャンプ&グリル【千葉】

千葉のグランピング施設「スモールプラネットキャンプ&グリル」BBQ&サウナ有の特別空間でリフレッシュ - 女子旅プレス
スモールプラネットキャンプ&グリル

スモールプラネットキャンプ&グリルは、千葉県の海岸沿い、緑豊かな稲毛海浜公園内にオープンする全8棟からなるグランピング施設です。幕張から二駅の稲毛海浜駅に降り、そこからバスで5分で行けるというグランピング施設の中では、比較的好立地で訪れやすいグランピング施設になっています。

なかでも注目は囲いの中にシャワーと浴槽を設置した『星空アウトドアバス』とその傍に併設されたテントサウナです。自然と一体となって楽しめる「ととのい」は最高な体験になると思います。

森の中のプレミアム・ダイニングでは“ひと手間かけた料理で共に楽しむ”オリジナルBBQディナーを。白い砂浜から望むアーバンな夜景や、ファイヤーピットの炎を眺めながら共に語らう、ゆったりとした時間の流れ。新たな公園滞在をお過ごしください。

スモールプラネットキャンプ&グリル

もちろん自然を感じてサウナで整うこともできますが、夜の星空や夜景、炎を見つめてゆっくりするなど他にもリラックスできることがあるのも魅力の一つです。

また、地元千葉の農家さんと提携しているため取れたての食材を使った料理も楽しめます。さらに、緑豊かな自然の中で太陽と風を感じながらビーチでヨガやマインドフルネスなどのアクティビティも体験できるみたいです。

■基本情報
・住所:千葉県千葉市美浜区高浜7-2
・TEL:080-3541-7187
・料金:14,000円/大人1人〜
テントサウナあり

テントサウナキャンプ場④ボスコオートキャンプベース【神奈川】

ボスコオートキャンプベース

こちらのキャンプ場はテントサウナを設置することができるキャンプ場です。そのため、自分用のテントサウナを持っている方におすすめのキャンプ場です。しかし、テントサウナを持っていない方でもしっかりと楽しめるようになっています。

ボスコオートキャンプベースのコンセプトは「そのままの森と水とのふれあい」です。
都心からもアクセスしやすい神奈川県丹沢の山々に囲まれた静かな森と川のある立地を活かした環境です。 できるだけ人工的なものを設置せず、そのままの自然環境の中で楽しさを見つけて行くことを目指しています。ボスコは周りに広がる丹沢の山々や渓流などの環境すべてがアクティビティです。楽しみ方は無限大。アウトドアの醍醐味をお客様それぞれが見つけて頂ける空間を創ることがコンセプトです。

ボスコオートキャンプベース

ボスコオートキャンプベースは他のキャンプ場とは違い、良い意味であまり準備されていないのが魅力です。そのため自然を直に感じることができますし、自分達の好きなように食事や宿泊をすることもできます。ホームページにも書いてある通り「楽しみ方は無限大」だと思います。

■基本情報
・住所:神奈川県秦野市丹沢寺山75
・TEL:0463-75-3273
・料金
 <オートキャンプ1台用>5,100円〜11,100円 <昼から日帰りデイキャンプ1台用>3,000円〜
 ※季節や人気な時期などによって価格変更あり
  他のプランもあるのでぜひ確認してみてください。
・テントサウナなし(各自で用意が必要です)

テントサウナキャンプ場⑤土合ビレッジ【群馬】

DOAIVILLAGE

ここは、「日本一のモグラ駅」として有名な無人駅である、群馬県土合駅の駅舎を利用したグランピング施設です。宿泊者限定で、大自然に囲まれた野外サウナを満喫することができます。

本場フィンランド式のサウナも楽しめます。やさしい薪の炎で90℃まで熱したサウナで
体の芯からホカホカになれば、零下の外気も心地よく腰まで積もった雪に飛び込みたくなるほど。ふと見上げれば、これでもかという満点の星空。まさに人生のヨロコビです。

DOAIVILLAGE

そして、マシュマロのような外観のかわいいお部屋は、夏は涼しく冬は暖かく快適に過ごすことができます。

■基本情報
・住所:群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽218ー2
・TEL080-6781-8727
・料金
 <テントプラン(画像参照)>26,000円/大人1人 <素泊まりプラン>20,000円/大人1人
 他にも色々なプランがあるのでチェックしてみてください>
サウナ小屋あり

テントサウナキャンプ場⑥日光サウナリゾート【栃木】

日光サウナリゾート

日光サウナリゾートでは、日光国立公園内の豊かな自然に囲まれた真のサウナ体験ができます。日光サウナリゾートは地下水が湧く唯一無二の屋外サウナです。地下水から湧き出るこの泉は、まさにサウナ後の冷水浴に最適です。このコンパクトさ故にロウリュ時の熱気も温度の変化もクイックに、そしてダイレクトに感じることができます。

貸切で利用出来るバレルサウナをご用意して皆様をお待ちしております。

サウナで体を温めた後は、日光サウナリゾートの特徴のひとつである中央の泉へ。地下水が湧き出るこの泉は、まさにサウナ後の冷水浴に最適です。透き通るほど綺麗な地下水が、あなたの五感を刺激します。

冷水浴の後は大自然の中で外気浴へ。見渡す限りの山々に囲まれて、最高の「ととのう」体験が出来ます。

日光サウナリゾート

このサウナの最大の魅力はやはり景色と言えるでしょう。広大な自然と魚が跳ねている湖を眺めながら最高のひと時を過ごすことができます。サウナから出た後は、そのまま湖に”ドボン!!”です。湧水で満たされた湖なのでちょうどよく冷たい温度が維持されており、大自然の中でしっかりと整うことができます。

さらには、サウナ小屋だけではなくモルジュ製テントサウナも楽しめます。またそれだけではなく、WI-FI完備のコワーキングスペースもあり、作業を終えた後にサウナを楽しむこともできます。

そして、日光は観光地としても有名なため周辺の施設も魅力的です。美味しい料理も楽しめるのでサウナと共に調べてみることをおすすめします。

■基本情報
・住所:栃木県日光市瀬尾3351
・TEL:0280-25-3038
・料金
 <エアストリームサウナプラン>4,500円 <テントサウナプラン>16,000円 
 <バレルサウナ小屋団体利用プラン>25,000円

また、日光サウナリゾートについてさらに詳しく紹介した記事もあるので、ぜひ参考にしてみてください

テントサウナキャンプ場⑦or 1 Ken 1 ro studio【茨城】

or 1 ken 1 ro studio

こちらの「or 1 ken ro studio」でもテントサウナを楽しむことができます。

茨城県にある筑波山の麓でテントサウナを楽しめます。間伐採の薪を燃やした薪ストーブで体を温め、井戸水掛け流しのプールに入り身体を冷やした後、大自然を感じながら休憩できる「極上のプライベートサウナ」体験をお楽しみください。

or 1 ken ro studio

とのことです。筑波山の麓で整うのは最高に気持ちが良さそうです。また、井戸かけ流しのプールも魅力的ですね。しっかりと整うことができそうです。

またテントサウナ内では、好きなタイミングでロウリュができる「セルフロウリュ」も可能で、こちらも非常に魅力的です。1日2組限定、予約制で運営されているため周りを気にせず”ととのう”ことができるのも魅力の一つです。

さらにこちらの会社では、テントサウナの事業だけでなく、webサイトを活用したメディア戦略のコンサル事業やSNSやWEBツールなどのサイトの活用に関してのコンサル、小さい子向けのプログラミングスクールも行なっているみたいなので、そちらもチェックしてみてください。

■基本情報
・住所:茨城県かすみがうら市高倉92
・TEL:090-7709-3299
・料金
 <ソロサウナレンタル>11,000円 <デュオサウナレンタル>19,800円 
 <三人でサウナレンタルプラン>26,400円
・テントサウナあり

テントサウナの値段と種類

テントサウナ

テントサウナを本気で楽しみたい!自分のテントサウナが欲しい!という方もいるかと思われます。そこで次にテントサウナの値段やおすすめのテントサウナを紹介していこうと思います。

テントサウナの値段

100,000円〜200,000円が相場です。少し高いと感じるかもしれませんが、テントサウナにハマってしまい何回もテントサウナを経験したいという方には、購入することをおすすめします。

安いレンタルでも一回のレンタルで、20,000円はするので5〜10回以上テントサウナをやれば元は取ることができます。

はじめはレンタルのテントサウナで試してみて、その結果、これは何回も経験したいと感じるものだった場合購入を考えてみると良いと思います。

そこでテントサウナの購入を考えている方のためにも、おすすめのテントサウナを紹介していこうと思います。

おすすめのテントサウナ

  1. SAVOTTA
  2. モバイルサウナmobiba(モビバ)FIRESIDE
  3. ロシア製 3層式テントサウナ®MORZH(モルジュ)公式SHOP

おすすめのテントサウナ①SAVOTTA

SAVOTTA

Hiisi 4は、どんな場所でも簡単に設置できる、アウトドア用の4人用ポータブルサウナテントです。軽量かつコンパクトで、持ち運びや収納が楽々。ビーチや森、山、お庭など、あらゆる場所で、温かなフィンランド式サウナをお楽しみください。ストーブ、ベンチは別売りです。
サウナは昔から、フィンランドの暮らしの中心にあり、生と死、生活と祝祭の場として崇められてきました。”hiisi”という言葉には、古代フィンランド語で神聖な場所、生贄の場所、神秘的な力といった意味があり、まさにサウナテントにぴったりの名前です。

SAVOTTA

このテントサウナは、フィンランド製です。フィンランドといえばサウナ発祥の地ですね。その発祥の地で作られたテントサウナです。

基本情報
・4名用
・ストーブ・ストーンラック・テントペグは別売り
・フィンランド製
・料金:89,000円

おすすめのテントサウナ②モバイルサウナ mobiba(モビバ) FIRESIDE

モバイルサウナ mobiba(モビバ) FIRESIDE

本格的なロウリュが楽しめる屋外専用の携帯式サウナです。ゆったりした室内には大きな窓が備わり、テント内から屋外の眺めを楽しみながら、リラックスしたサウナタイムを満喫できます。
ロウリュはストーブの上で熱したサウナストーンに水をかけ、水蒸気を発生させることにより発汗を促します。
組み立ては約20分で完了し、プライベートな空間でのサウナ浴が楽しめます。

モバイルサウナ mobiba(モビバ) FIRESIDE

特徴はやはりセルフロウリュができる点と大きな窓だと思います。テントサウナの多くはセルフロウリュすることができます。しかし、ここまで大きな窓が付いているテントサウナは多くはありません。
テントサウナは自然の中でやることが多いため、大きな窓があることでより自然を楽しみながらテントサウナを楽しめます。

基本情報
・4名用
・ロシア製
・サウナストーンは別売り
・料金:181,500円

おすすめのテントサウナ③ロシア製 3層式テントサウナ® MORZH(モルジュ)公式SHOP 

ロシア製 3層式テントサウナ® MORZH(モルジュ)公式SHOP 

テントにはキルティング素材「サーモスティック」を採用。高密度の幕の内部に断熱材が入っており、外の冷気をシャットアウト、内部の熱も逃がしません。
表面の幕には耐熱性が高く、マット質の素材を採用しており、マイナス20℃以下になるロシアにも耐える機能性を有しています。水を扱うためフロアレス構造なのも特徴。

ロシア製 3層式テントサウナ® MORZH(モルジュ)公式SHOP 

このテントサウナの特徴や魅力は、高品質な点です。非常に品質が良いため、外の冷気をシャットアウトし、しっかりと温まることができ、結果しっかりと整うことができます。

また、この様なカラフルなデザインから雪化粧の様なデザインのもの、シンプルな黒のデザインと種類も豊富です。

他にも2種類のテントサウナを扱っているので是非チェックしてみてください。

■基本情報
・4名用
・サウナストーン別売り
・ロシア製
・料金:176,000円

テントサウナを自作する方法や注意点

テントサウナ

テントサウナはDIYで作ること、自作することは難しいです。テントサウナを自作するには難しい点が多いためです。熱がうまくこもらなかったり、火事になってしまったりと自作するには、テントサウナは難しいです。

そこで、ここではテントサウナを自作する方法ではなく、テントサウナの組み立て方を紹介していこうと思います。

テントサウナの作り方
テントサウナを作るためには、まずはテントと薪ストーブを購入します。両方用意ができたら、以下の作業に取り掛かりましょう。

①テントと薪ストーブをそれぞれ組み立てる
②薪ストーブをテント内に入れる
③煙突が突き抜ける場所を決めて印をつける
④印をつけた場所の内側と外側にスパッタシートなどの耐火素材を縫いつける
⑤煙突の貫通部に耐熱シリコン部材などを取りつけて煙突ガードを製作
⑥テント内に耐火レンガなどの薪ストーブ用土台を設置する
⑦煙突が風であおられないように耐熱バンテージやロープで固定

BE-PAL

テントサウナを自作する際には、煙突や貫通部分の耐熱性・耐火性が大切です。テントサウナは、火事になってしまう可能性があるので、必ず特殊素材のスパッタシートなどでしっかりと対策しましょう。

【DIY】自作のテント小屋の作り方や費用を紹介

サウナ小屋

もしDIYでサウナを作るなら、テントサウナではなく、サウナ小屋を作ることをおすすめします。

サウナ小屋を自宅で楽しむ方法は2つ!

①サウナキットを購入し、組み立てる
②DIYでサウナ小屋を1から自分で作る

DIYで自作のサウナ小屋を作った人やサウナ小屋の作り方を紹介した記事もあるので是非参考にしてみてください。

サウナ小屋の自作①サウナキットを購入し、組み立てる

サウナキットを購入し、組み立てることのメリットは簡単にセルフサウナが作れる点です。手順や工程が記載されていますし、必要な素材も準備されているので、簡単に作ることができます。

しかしデメリットもあります。サウナキットはDIYとは異なり、値段が高く100万円を超えてしまうというデメリットがあります。

サウナキットの購入方法
サウナキットはログハウスのビックボックスなどから購入することができます。

サウナ小屋の自作②DIYでサウナ小屋を1から作る

DIYでサウナ小屋を作るメリットはやはりサウナキットに比べて、安いという点と自分の好きなサウナ小屋を作ることができるという点にあります。

サウナ小屋を1から作りたいけど、中々踏み出せないという方は、「Pinterest」で「sauna」「saunahouse」「log sauna」のようなキーワードで調べてみると、世界中のサウナ小屋の設計などが出てくるためとてもおすすめです。

またDIYでサウナ小屋を作ることを解説した本もあるので是非参考にしてみてください。

Sauna Bilder 〜DIYでサウナを作る本〜

より詳しくDIYでのサウナ小屋の作り方を紹介しているので、是非参考にしてみてください。

さらに、テントサウナやDIYで自作のサウナ小屋を作る方法を紹介した記事もあるので、是非そちらも参考にしてみてください。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ここからSNSで共有できます!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サウナメディア「SISU」の運営代表&ただのサウナー
若者のサウナ好きをもっと増やしたいと日々思いながらサウナ事業に携わっています。

好きなサウナ→地元北海道のThe GEEK。
ホームサウナ→神楽坂の竹の湯。

ひと言:現在ととのいスランプ中
資格:サウナスパ健康アドバイザー

目次
閉じる