【岩盤浴・サウナ】ダイエット効果はある?頻度や違い、入り方も解説!

  • URLをコピーしました!

【岩盤浴・サウナ】ダイエット効果はある?頻度や違い、入り方も解説!

近年サウナブームが起こり色々な世代でサウナが楽しまれていますが、それに負けずに現在も根強い人気を誇っている岩盤浴。岩盤浴はダイエットや美肌に良いというイメージがありますが、実際効果があるのでしょうか。

そこでこの記事では、岩盤浴によるダイエットや美肌効果について具体的に紹介していこうと思います。また、岩盤浴とサウナの違いや岩盤浴とサウナによるダイエット効果、美肌効果による違いも紹介していきます。

ぜひ最後まで読んでいただき、岩盤浴・サウナ共に楽しんでもらったり、ダイエットに活用してたりしていただけると幸いです。

目次

岩盤浴にダイエット効果はある?

岩盤浴サウナダイエット

岩盤浴には、ダイエット効果があるということはよく耳にすると思います。実際は岩盤浴にはダイエットの効果はあるのでしょうか。

結論から言うと、岩盤浴にはダイエット効果はあります。しかし、直接的には岩盤浴にはダイエット効果はないです。岩盤浴に入ることで汗をかきますが、岩盤浴のこの部分にはあまりダイエット効果はありません。

では岩盤浴はなぜダイエット効果がるのでしょうか。岩盤浴は身体の芯から、身体全体を温めてくれます。これにより汗と共に老廃物が排出されるだけでなく、体循環がスムーズになり、岩盤浴は代謝を高めてくれます

岩盤浴に入り代謝が高まり、全身の血行が促進されることによって、結果的に痩せやすい身体や便秘予防になり、岩盤浴にはダイエット効果があるというふうになるわけです。

また岩盤浴に入ることで身体の芯から温まり、質の良い睡眠をとることに繋がります。質の良い睡眠をとることも健康の維持につながるため、間接的に岩盤浴がダイエットに関わっているということです。

岩盤浴がダイエットに効果的になるメカニズム

  1. 岩盤浴に入ることで身体の芯から温まる
  2. 代謝が高まる
  3. 痩せやすい身体・健康な身体になり、ダイエットにつながる

岩盤浴でダイエット効果を上げる入り方を紹介!

岩盤浴サウナダイエット

ここまで岩盤浴のダイエット効果について紹介してきました。岩盤浴によるダイエット効果は入り方によって少し変わってきます。ここでは、岩盤浴によるダイエットをより効果的なものにするためのより良い岩盤浴の入り方を紹介していこうと思います。

岩盤浴によるダイエット効果を促進する入り方

  1. 食事を2時間前に済ませる
  2. 岩盤浴の時間は15〜20分が目安
  3. しっかりと水分補給をする
  4. 呼吸法がある
  5. 一回だけでは効果がない
  6. 体勢をなるべく変えない

ダイエット効果を促進する岩盤浴の入り方①食事を2時間前までに!

岩盤浴によるダイエット効果をより効果的にする入り方の一つ目に、食事を岩盤浴に入る2時間前までに済ませておくが挙げられます。胃をからにすることで脂肪燃焼の効果が高まるため、岩盤浴に入る際には2時間前に食事を済ませておくことをオススメします。

またこれは岩盤浴だけでなくサウナにも言えることですが、岩盤浴やサウナに入ると皮膚が熱い空気によって温められ皮膚への血液が増加します。しかし、食事の前後は、消化のために胃腸に十分な血液が流れる必要があります。つまり、食事の前後に岩盤浴やサウナに入ってしまうと、胃腸に十分な血液が回らなくなり、消化不良を起こしてしまう可能性があるのです。

最低でも岩盤浴やサウナを利用する際には、30分〜1時間の時間を取ってから、岩盤浴やサウナに入るようにしてください。

ダイエット効果を促進する岩盤浴の入り方②岩盤浴の時間は15〜20分

岩盤浴で横になる時間は一回あたり15分〜20分を目安にしてください。
まずは、10分ほどうつ伏せになり身体の前側を温めましょう。先に内蔵を温めることで身体が温まりやすくなります。その後仰向けになり身体の背中側を温めましょう。その後しっかりと休憩を行うようにしましょう。

この岩盤浴の入り方を1セットとし、これを2〜3回繰り返すことがオススメです。多く岩盤浴に入りすぎても逆効果になってしまうので、岩盤浴の入りすぎには、気をつけましょう。

しかし、個々人で熱さや岩盤浴に対しての耐性も違いますし、その日の体調も違うと思います。しっかりと自分の身体と相談してうまく岩盤浴に入る時間を調整してみてください。

ダイエット効果を促進する岩盤浴の入り方③水分補給

岩盤浴のダイエットに関わらず、岩盤浴に入る際には水分補給は非常に大切になってきます。岩盤浴は温度はサウナほど高くないですが、非常に汗をかきます。そのため水分補給を行わずに、岩盤浴に入ってしまうと脱水症状を起こしてしまう可能性があります。

岩盤浴で脱水症状を起こさないために、岩盤浴に入る前後では必ず水分補給を行うようにしましょう。オススメは500〜800mlの水分を岩盤浴に入る際には摂ることをオススメします。

また岩盤浴に入っている途中でキツくなってきたらすぐに岩盤浴室から出て、水分補給をし休憩するようにしましょう。先ほど挙げた時間は目安なので、辛くなったら岩盤浴から出るようにしましょう。

こちら水分補給の方法を詳しく紹介した記事もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

ダイエット効果を促進する岩盤浴の入り方④正しい呼吸法がある!

岩盤浴でダイエット効果を促進するには、正しい呼吸法を取り入れることも大切です。岩盤浴のダイエット効果を促進する呼吸法は次の通りです。

鼻からゆっくりと吸って口からゆっくりと吐くことを意識しましょう。岩盤浴でこのような呼吸法を行うと、より身体が温まり自律神経の安定や代謝の向上に繋がります。
その結果岩盤浴によるダイエット効果をさらに促進してくれるわけです。

普段の岩盤浴ではあまり意識しないかもしれませんが、岩盤浴によるダイエット効果を期待する方はぜひ意識してみてください。

ダイエット効果を促進する岩盤浴の入り方⑤頻度や継続が大切!

岩盤浴によるダイエット効果を期待するならば、一度きりの利用ではダイエット効果はあまりありません。

そのため岩盤浴にダイエット効果を期待する方は定期的に岩盤浴を利用するようにしましょう。具体的には岩盤浴を週に1〜3回程度利用し、1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月と継続していくことで体調が整いダイエット効果を実感できると思います。

長期的に継続することでより岩盤浴によるダイエット効果を実感することができると思います。

ダイエット効果を促進する岩盤浴の入り方⑥体勢をなるべく変えない

岩盤浴でダイエット効果を促進するための入り方として体勢をあまり変えないことも意識する必要があります。先ほど岩盤浴での体勢を変える時間を記載しましたが、この時間以外はあまりコロコロと体勢を変えないことを意識してみてください。

体勢を何回も変えてしまうとしっかりと身体の芯から温まらず、岩盤浴によるダイエット効果の最大の要因である代謝が高まるということが薄まってしまいます。

そのため、なるべく同じ体勢で岩盤浴を楽しむようにしてみてください。このように岩盤浴に入ることでしっかりと熱が伝わり、ダイエット効果も促進してくれると思います。

サウナによるダイエット効果についても紹介!

ここまで岩盤浴のダイエット効果について紹介してきました。岩盤浴は代謝が高まることでダイエットにつながるということでした。次にサウナのダイエット効果についても紹介していこうと思います。サウナにはダイエット効果はあるのでしょうか。

サウナにも岩盤浴同様ダイエット効果があります。なぜ岩盤浴だけでなくサウナにもダイエット効果があるのでしょうか。

サウナにダイエット効果がある理由①サウナに入ると代謝が高まり痩せやすい体に

岩盤浴同様サウナも代謝が高まることでダイエット効果を促進します。温熱作用(身体を温める働き)の影響で皮膚の血管が拡張され血流が良くなります。血流が良くなると新陳代謝が高まり、その影響で体内の老廃物や疲労物質が取り除かれます。

老廃物が体内から取り除かれると、血液が体の隅々まで渡ることで身体の機能が回復します。それによって身体の各機能が正常になり、ダイエットに好影響がもたらされるのです。

サウナにダイエット効果がある理由②乳酸が排出され、脂肪が燃焼されやすくなる

サウナに入るとダイエット効果が期待できる理由として、乳酸が排出され、脂肪が燃焼されやすくなるという理由があります。

乳酸は身体のエネルギー源である糖を分解する際に出来る生成物であり、老廃物の一種であるとされています。また乳酸には、脂肪の分解・燃焼を制限する働きがあるとされています。要するに乳酸があると痩せにくくなるわけです。

しかし前述したように、サウナに入ることで代謝が高まり老廃物が排出されやすくなるため、乳酸も排出されやすくなり結果としてダイエット効果が期待できるわけです。

サウナにダイエット効果がある理由③HSP(ヒートショックプロテイン)が働き、脂肪が燃焼される

サウナに入ることでダイエット効果が期待できる理由として挙げられる理由にHSP(ヒートショックプロテイン)が働き、脂肪が燃焼されるという理由が挙げられます。

HSP(ヒートショックプロテイン)とはタンパク質の一種です。熱が加わるとHSPが生まれ、損傷したタンパク質を元通りに修復するとされています。またHSPが増えると、細胞の働きを活性化させたり、先ほど紹介した乳酸の生成を遅らせる効果があるとされています。

そのためサウナに入ることでHSPが働き、痩せやすい体になりサウナにはダイエット効果が期待できるというわけです。

サウナにダイエット効果がある理由④サウナに入るだけでカロリーを消費する

サウナと岩盤浴の違いの一つに体力の消耗の大きさが一つ挙げられると思います。岩盤浴に入ってもあまり体力は消耗しませんが、サウナに入ると適度な疲労感があります。

サウナに入ることで岩盤浴よりも大量の汗をかきます。この汗をかくことがダイエットに繋がっています。

皮膚から1mlの汗が気化する際には、約0.58キロカロリーの熱量が奪われるとされています。要するに汗が出ているということは、身体がカロリーを消費しているサインでもあるのです。

サウナでは非常に多くの汗をかくためサウナ入っているだけでカロリーを消費し、ダイエットに繋がると言われています。

サウナとダイエットの効果やダイエット効果のあるサウナの入り方をまとめた記事もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

岩盤浴による美肌効果について

white plastic pump bottle beside pink tulips and gray towel
岩盤浴サウナダイエット

岩盤浴ではダイエット効果だけでなく、美肌効果もあります。岩盤浴に入ることで体内が温まり皮脂腺から汗が出てきます。この汗と共に老廃物も一緒に排出されるため、岩盤浴は美肌にも効果があると言われています。

また、岩盤浴によって排出される汗というのは皮脂腺から出る汗です。実はこの皮脂腺から出る汗は老化の原因である酸化した身体の老廃物や皮脂が、汗と一緒に排出されるのです。また、それだけでなく岩盤浴によって出る汗は皮膚を潤す天然の保湿液の役割も担っています。

また繰り返しになりますが、岩盤浴に入ることで代謝が高まることで角質が剥がれやすくなり、ターンオーバーを促進する効果も岩盤浴にはあります。

岩盤浴は美肌に持ってこいの方法です。ぜひ美肌になりたい方は岩盤浴の利用をしてみてください。

岩盤浴とサウナの違いが意外とある

岩盤浴サウナダイエット

ここまで岩盤浴によるダイエット効果や美肌効果について説明してきました。
近年では、岩盤浴や温泉だけでなくサウナの人気も高いです。また、岩盤浴とサウナは熱い部屋に入るという点で似ていると感じる方やサウナは熱すぎるという方もいると思います。

そこで次に岩盤浴とサウナの違いについて紹介していこうと思います。

岩盤浴サウナ
室温40℃〜50℃80℃〜100℃
入浴時間15〜30分5〜15分
 温まり方 身体の内側(内臓)からじんわり温める 外側の皮膚から急激に温める
 汗の出方 皮脂腺(サラサラ) 汗腺(ベタベタ)
 利用方法 遠赤外線で温めた石の上にタオルを敷いて寝ころぶ サウナと水風呂、外気浴を繰り返す
体勢寝たり好きな体勢で楽しめる基本座って楽しむ
部屋の広さそれなりに広い個室が多く狭い
岩盤浴サウナ比較

岩盤浴とサウナの主な違いは、室温にあると思います。サウナは80℃〜100℃を超えるものもあります。岩盤浴は40〜50℃となっています。また温まり方にも違いがあり、岩盤浴は遠赤外線やマイナスイオンで内臓からじっくりと温まりますが、サウナは外側から外側から高温で温めます。そのため岩盤浴によって出る汗はサラサラしていますが、サウナによって出る汗はベタベタしています。

サウナによって出る汗はベタベタしているため、サウナ後はシャワーで汗を流すことが大切になってきます。逆に岩盤浴によって出る汗はサラサラしていて皮膚を潤す天然の保湿液の役割も担っています。そのため岩盤浴を行った後は汗をシャワーで流さずに自然乾燥させてから洗い流すという方法もあるみたいです。

岩盤浴とサウナの共通点も意外とある

先ほどは岩盤浴とサウナの違いについて説明してきました。多くの違いがあり岩盤浴・サウナ両方とも魅力があります。
次に岩盤浴とサウナの共通点についても紹介していこうと思います。

  1. 食事前後に入ることはオススメできない
  2. 通いすぎに注意
  3. 汗を大量にかく
  4. 健康に良い影響を与える

そして先ほども紹介しましたが、岩盤浴・サウナともに食事の前後は利用することはオススメできません。なるべく食事の前後は岩盤浴やサウナを利用することを避けましょう。

そして岩盤浴・サウナともに通いすぎには注意です。どちらも多くの汗をかいてしまうため通いすぎると逆に疲れてしまい逆効果になってしまいます。岩盤浴・サウナともに週に1〜3回の利用をオススメします。

また多くの汗をかくという点も共通しています。そのためどちらも水分補給が大切になってきます。水分補給についての詳しく紹介した記事もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

先ほども紹介しましたが岩盤浴・サウナともに健康に良い影響を与えてくれます。岩盤浴やサウナはダイエットや美肌効果に加えて、疲労回復や快眠促進、免疫を高めるといった効果があります。

岩盤浴とサウナによるダイエット効果の違いはある?

岩盤浴サウナダイエット

ここまで岩盤浴とサウナの違いや共通点について紹介してきました。では、ダイエットに対しての効果は岩盤浴とサウナで違いはあるのでしょうか。

結論から言うと岩盤浴とサウナでは、ダイエットに対しての効果はさほど違いないです。岩盤浴とサウナでは室温や入る時間、出てくる汗に違いはありますが、ダイエットの効果に対してはあまり違いがありません。

岩盤浴・サウナどちらも体を温め代謝をよくしたり健康状態を保ってくれるためダイエットに効果があるというメカニズムになっています。そのため、いろいろな違いはありますが、岩盤浴・サウナともにダイエットに対して効果があると考えられますし、違いは少ないです。

そのため岩盤浴やサウナをダイエット目的で利用しようと考えている方は、室温や入浴時間など自分が気になるポイントで比較してみるのはいかがでしょうか。

岩盤浴とサウナはどちらもダイエット効果がある!

ここまで岩盤浴のダイエット効果やダイエットに効果的な岩盤浴の入り方、岩盤浴とサウナの違い・共通点について紹介してきました。結論岩盤浴もサウナもダイエットに効果があります。さらに言えば岩盤浴・サウナどちらにもメリット・デメリットがあります。

岩盤浴・サウナどちらを選ぶかは、本当に自分の好みで良いと思います。岩盤浴・サウナ両方利用すると言うのもアリだと思います。自分の好きなように岩盤浴・サウナ共に楽しんでもらえると嬉しいです。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ここからSNSで共有できます!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

週に2、3回サウナに通うサウナー兼ライター。
好きなサウナは改良湯と地元の宝来洲
みなさまにサウナの魅力、素晴らしさをお伝えしていきます!

目次
閉じる