【サウナの効果】サウナはうつ病に効果がある?論文からサウナの効果を紹介!

  • URLをコピーしました!

【サウナの効果】サウナはうつ病に効果がある?論文からサウナの効果を紹介!

近年サウナブームが起こり、利用する人がどんどん増えているサウナ。今では若者や女性など様々な人が楽しむまでに成長しました。サウナに入る理由は人それぞれだと思いますが、サウナによる効果について気になる方もいると思います。

この記事では、サウナに入ることでの効果について紹介していきます。サウナにはうつ病にも効果があるのかということやサウナに入ることでの効果・メリットも紹介していきます。サウナには心身ともに良い効果があるので、ぜひ最後までみていただき、サウナをさらに楽しんでもらえると幸いです。

目次

サウナに入ることでうつ傾向の解消に繋がる論文・研究を紹介

サウナに入ることでの効果の大きな一つとしてうつ傾向・うつ病の改善に繋がることが挙げられます。

日本において精神疾患で医療機関を受診する人の数は、年々大幅な増加傾向にある。厚労省の資料「患者調査」によれば、2017年の総患者数は419万3000人。

社会医療法人 博友人

と書かれています。こちらの数字は医療機関を受診した人の数で実際にはさらにいると思います。現在ではコロナ禍で家にいなければならない日々が続いているため、うつ症状にもつながりやすいかと思います。

サウナにはうつ症状を改善したり解消したりしてくれる効果が期待できるようです。サウナとうつ病に対しての効果に関するある研究が行われました。こちらがその論文です。
Cardiovascular and other Health Benefits of Sauna Bathing: A Review of the Evidence, Mayo Clinic Proceedings, 2018

こちらの研究では、サウナがもたらす効果やサウナがもたらすメリットなどについての研究を行いました。さらにはうつ症状に関しても行いましたが、健康に関する研究全般を行いました。他にもサウナのメリットについて詳しく研究されていました。

また、日本サウナ学会代表理事の加藤氏はDIAMOND onlineの記事で次のように述べています。

私自身、一度、うつ病を患っている方と一緒にサウナに入ったことがあります。その方は、長年うつ病を患っていらっしゃって抗うつ薬が手放せない状態だったそうです。私が出演したテレビのサウナ特集をみてサウナに入ったところ薬がなくても数日間は非常に調子良く過ごせるようになったとのことでした。実際に一緒に入ってみると、2セット目以降は別人のように動きが速くなり、話し方もスムーズになりました。あまりにも変化が劇的だったため、とても驚きましたが、もちろん、これは被験者が1人しかいないため、これだけで科学的な議論をすることはできませんし、効果があると断定はできません。

DIAMOND online

と申しています。確かに被験者が1人であるため、科学的に証明することはできないですが、実際にサウナによってうつ症状が改善されたという効果もあったようです。

サウナに入ることで、自律神経が整うことがわかっています。この自律神経というものが整うことで、メンタルを安定させてくれます。

サウナに入ることで、サウナ室→冷水風呂といった普段生活している際には、体験しない刺激的な体験をします。この際に交感神経が優位になります。その後休憩することでリラックス効果をもたらす副交感神経が優位になり、メンタルを安定させてくれます。

乱れた自律神経を整えることで、精神が安定しうつ症状の改善につながるようです。

サウナがうつ症状に効果的な理由を紹介

うつ病になる原因は?

うつ病が発症する原因を知ることで、どうしてサウナに入ることが効果的なのかという理由がわかると思います。うつ症状が発症する原因の一つとして挙げられるのが、認知能力の低下やストレスによるものだと考えられています。

さらにコロナ禍ということもあり、孤独感の増加であったり気持ちのやり場がなくなったりとうつ症状が発症しやすい環境にあることもあると思います。

自分に意識が向きすぎることで閉鎖的になり、うつ症状につながるという考え方もあります。

サウナがうつ症状に効果的な理由①脳疲労がとれる

サウナの良い効果の一つとして挙げられるのが脳疲労がとれるということです。実は脳疲労の原因として考えられることは、ぼーっとしている際に脳が勝手に色々考えることで脳の70〜80%のエネルギーが失われることが挙げられます。

このようにぼーっとしている時は、外からの情報に敏感になる必要がないため、心は常に内を向きます。このような状態がひどくなると、統合失調症やうつ病、不安障害、ADHD(注意欠陥多動性障害)、アルツハイマー病など多くの疾患につながる恐れがあります。

ではなぜサウナがこれらのうつなどの症状に対して効果的なのでしょうか。
先ほども紹介しましたがサウナに入り、水風呂に入るとことで強制的に思考を停止させられるためです。サウナに入ったことがある人はわかると思いますが、サウナ→水風呂→外気浴(休憩)のサイクルのうちは何かについて考えることが難しい状況にあると思います。

それにより「脳がスッキリする」「脳疲労を防げる」などの効果があります。結果うつ症状の改善につながるというわけです。

サウナがうつ症状に効果的な理由②自律神経が整う

先ほども紹介しましたが、サウナがうつ症状に効果的な理由の一つとして自律神経が整うことが挙げられます。サウナ→水風呂→外気浴というサイクルを行うことで自律神経が整います。

熱いサウナに入ることや冷たい水風呂に入ることは普段では行わないことなため交感神経が刺激されます。その後外気浴・休憩をすることで普段のの状態に戻ろうとすることで、副交感神経が優位になり精神も落ち着きリラックスすることができます。

このようにしてサウナがうつ症状の改善につながるというわけです。

サウナのうつ症状の改善以外の効果を紹介!

ここまでサウナがうつ症状を改善してくれるということについて紹介してきました。サウナにはうつ症状を蚊愛染する以外にもたくさんの良い効果があります。ここではうつ症状の改善以外のサウナの効果について紹介していこうと思います。

サウナの効果①睡眠の質を向上させてくれる

まずうつ症状以外のサウナの効果の一つ目として挙げられるのが、睡眠の質を向上させてくれる・快眠効果です。サウナに入ることで睡眠の質を向上させてくれます。

サウナでは、大量の汗をかくため、実際に疲労感などを感じることはそこまでありませんが、サウナに入ることで適度な疲労があるため睡眠の質をサウナは上げてくれます。

また温泉やお風呂にしっかりと入り体の芯から温まった日はよく眠れると思います。サウナも体の芯から温まることができるため快眠効果につながってきます。

睡眠の質が向上することもうつ病の改善に効果がありそうですね。間接的にサウナに入り、睡眠の質が上がることでうつ症状の改善につながっているかもしれません。

サウナの効果②美肌効果

うつ症状の改善以外のサウナの効果として美肌効果もサウナの効果として挙げられます。サウナにはいると大量の汗を描くと思います。サウナに入り汗をかくことで、その汗と一緒に老廃物も排出してくれます。

またサウナに入ることで血流もよくなり、代謝が高まるためサウナに美肌美肌効果があると言われています。

サウナの効果③免疫力を高める

うつ症状の改善以外のサウナによる効果には、免疫力を高めることも挙げられます。サウナ後に水風呂に入ることによっては、HSP(ヒートショックプロテイン)が働き、免疫力が高まるという効果があります。、 HSPは熱でダメージを受けた細胞を修復しますが、その細胞には免疫細胞も含まれています。そのため、免疫細胞が修復され活性化します。

その結果サウナに入ることで免疫力が高まるという効果があり、風邪やインフルエンザなどにかかりにくくなるという効果もあります。

サウナの効果④疲労回復

うつ症状の改善以外のサウナの効果として疲労回復効果も挙げられます。もちろん仕事などで疲れた体の疲労を回復させるのにサウナは効果がありますが、実は、運動後の筋肉のコリや筋肉疲労の解消にもサウナは効果があります。

肩こりや筋肉痛の疲労を回復させるのにもサウナの効果的だと言えます。

サウナの効果⑤ダイエット効果

うつ症状の改善以外のサウナの効果として挙げられることにダイエット効果もあります。もちろんサウナに入り、カロリーを消費することでダイエットに効果があるということもありますが、大きな要因は他にあります。サウナがダイエットに効果的な理由は、代謝を高めてくれるからです。

サウナに入ることによって、新陳代謝が高まり痩せやすい体になります。その結果、サウナに入ることがダイエット効果につながるということです。

サウナだけでなく岩盤浴もダイエットに効果的?

またサウナだけでなく、岩盤浴もダイエットには効果的です。岩盤浴に入ることで、サウナ同様代謝を高めてくれるのでダイエット効果があります。岩盤浴に関する記事もあるので是非ご覧になってみてください。

初心者の方でも安心!効果的なサウナの入り方について解説!

ここまでうつ症状の改善や美肌効果、快眠効果などサウナの効果について紹介してきました。このような効果を知りサウナに入りたいと考えた方もいるかと思います。そこで次に初心者におすすめの効果的な入り方について少し触れていこうと思います。

効果的なサウナの入り方|サウナに入る前に水分補給を!

効果的にサウナに入るには、サウナに入る前に水分補給をしっかりと行う必要があります。サウナでは大量の汗をかくためもちろんサウナに入る前もですが、サウナに入った後にもしっかりと水分補給を行うことが大切になってきます。

水分補給に関して詳しく解説した記事もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

効果的なサウナの入り方|サウナ前に身体と髪を洗う

こらはもちろんサウナやお風呂に入る際のマナーということもありますが、それだけではありません。サウナに入る前に身体と髪を洗うことで、より効果的になります。

サウナに入る前にしっかりと洗うことで皮膚の汗腺に溜まっている汚れが落ち、汗をかきやすくなるためより効果的なサウナいなるわけです。そのためより効果的なサウナにするには、サウナに入る前に体や髪をしっかりと洗うことが大切になってきます。

そして、これは個人的に感じていることなのですが、サウナに入る前に湯船に浸かることでより効果的になると思います。
湯船に入ることで汗腺が開き、汗がかきやすくなっていると思います。

効果的なサウナの入り方|サウナの入り方は上段⇒下段へと10分を目安に入る

サウナの入り方は、そのサウナの温度や湿度によって変わりますが、基本的にはサウナには8〜12分を基準に入りましょう。サウナは上段になるにつれて温度が上がっていきます。最初は上段に座り、熱いなと感じた場合には下段に移動するようにしましょう。

また、サウナには濡れタオルかサウナハットを持っていくことをおすすめします。サウナは上段の方が熱くなっているので、体は大丈夫でも頭はのぼせてしまうということがあります。頭だけのぼせてしまうことを防ぐためにも濡れタオルかサウナハットを持参するようにしましょう。

効果的なサウナの入り方|サウナから出たら水風呂に!

サウナで十分に温まり汗をかいたらサウナから出て、水風呂に向かいましょう。しかし、その前にシャワーなどで汗を流すことを忘れないでください。

シャワーで汗を流したら、水風呂に入りましょう。水風呂は最初は冷たいかもしれませんが入って10秒あたりで冷たさをあまり感じなくなります。そのため水風呂に入る際には思い切りが大切だと思います。

水風呂は冷たさやその人の冷たさに対する耐性によりますが30秒〜2分が目安です。長く入りすぎても危険なので自分でしっかりと見極めるようにしましょう。

効果的なサウナの入り方|外気浴(休憩)をして整いましょう!

サウナに入り、水風呂に入った後は外気浴や休憩をして整いましょう。

水風呂から上がったあとの外気浴(休憩)の時間の目安はだいたい5~15分くらいがおすすめです。 簡単に体の水気を拭いて、浴室やととのいスペースに設置されているイスやリクライニングなどに深く腰掛け、 ゆっくり目をつぶりましょう。

サウナの入り方についてさらに詳しく知りたい方へ!

サウナに入って健康になろう!

最初はサウナがうつ症状の改善に繋がることを紹介してきました。海外の研究・論文の情報も参考にしてうつ症状とサウナの関係についても紹介しました。

さらにはサウナはうつ症状の改善だけでなく、身体的にも健康に良いことも紹介しました。サウナに入ることはメリットが多く心身ともに整えてくれます。ぜひサウナに入ってより良い生活を送ってもらえると嬉しいです。

基本的なサウナの入り方についても紹介したので、実践してみてより良いサウナを体感してみてください。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ここからSNSで共有できます!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

週に2、3回サウナに通うサウナー兼ライター。
好きなサウナは改良湯と地元の宝来洲
みなさまにサウナの魅力、素晴らしさをお伝えしていきます!

目次
閉じる