サウナでのスキンケアのタイミングは?乾燥を防ぐ美容効果のある方法を紹介!

  • URLをコピーしました!

サウナに入るとリフレッシュすることができ、日頃の疲れが飛びその日はよく眠ることができますよね。サウナの効能を一日の締めとして楽しみにしている方も多いはずです。

サウナが健康面だけでなく、美容・美肌効果もあるということをみなさんご存じですか?

最近では美容男子という言葉ができるほど、女性だけでなく男性も美容に気を配り始めるようになりました。そんな中、マスク生活の中で肌荒れに悩みを抱えていることでしょう。

本記事の内容

・美容に効果のあるサウナの入り方を解説
・スキンケアのタイミングとは?
・サウナが美肌に効果のある理由

サウナの効能は「血流をよくすること」ですが、そこからどのようにサウナが美容・美肌に影響を与えているのか今回紹介していこうと思います。サウナの効能を理解することで皆様の理想的なお肌の獲得にお役立てください。

目次

サウナに入る際のスキンケアのタイミングは?

サウナに入る際のスキンケアのタイミングはいつになるのでしょう。

結論としては、サウナ後(入浴後)にスキンケアをしましょう。

サウナに入る前にスキンケアを行っても汗で流れてしまいます。

サウナ入浴中に肌の乾燥を防ぎたいという方には、サウナに入りながら肌を守るサウナ専用スキンケア商品である「サウナパック」がおすすめです。

>>>サウナ専用スキンケア!?フィンランド大使館監修のサウナパックを使ってみました

サウナが美容・美肌効果をもたらす理由

血流が促進されるため

サウナがなぜ肌の調子を整えることができるのか、それはサウナで汗をかき血流が促進されることが最大の利点だと言えます。

現代人は1年中エアコンのきいた室内にいるので、温度を感知する皮膚と脳にあるセンサーが狂いがちです。サウナで汗をかき眠っている発汗機能を目覚めさせることで、発汗組織の機能回復にも役立ちます。

そして、サウナに入ると血流が改善され、結果、胃腸の働きもよくなります。胃腸の働きがいいと当然食欲が上がり、食事が楽しくおいしく感じます。

血流は栄養を届ける役割と老廃物を排出する役割があるので、食事で得た栄養を身体中に届け、不要なものを排出するために、お通じがとても良くなります。

サウナに入ることで促進された血流が皮膚の新陳代謝を高め美肌効果に繋がるというわけですね。

基本的に肌の修復は温度でスイッチが入るようにできています。サウナ後は熱刺激を受けたことで、ヒートショックプロテインが出るため、細胞が修復されるという仕組みです。

ヒートショックプロテインとは、ダメージを受けた細胞を修復するたんぱく質のことです。これらの発言量は皮膚の温度に依存し、深部体温が38度を超えるとだんだん出始め40度を超えるとすぐに出現します。

お風呂では、顔までお湯につかることができず十分に顔を温めることができませんが、サウナなら空気中の熱で温められるので、顔の皮膚をケアするのに適しています。

男性にこそおすすめ、サウナの美肌効果

サウナの美肌効果、肌荒れ軽減は男性にこそおすすめしたいです。最近、メンズ脱毛や男性のスキンケアの重要性が世の中的に存在感があり注目されています。

男性でスキンケアをしたり化粧水を自分で買ったりするのは少し抵抗がある。けれど肌荒れを放置したくはないし、今後肌にシミを作りたくないという悩みを抱えている人は、サウナに入り副次的に美肌効果・肌荒れ軽減の恩恵を受けましょう。

サウナで汗をかくことで、男性ホルモンが活性化されます。男性ホルモンが増えることで男性としての機能の維持、筋肉の量を増やしたり肌にハリを与えることができます。

男性でもサウナの後にスキンケアをしっかり行ってあげることでさらに肌が健康的になるのはいうまでもありません。ぜひ、実践し体感してみてください。

サウナが肌に与える効果三つの効果

今回紹介させていただくサウナの美肌効果として三点あげさせていただきます。

肌荒れの軽減
血色の改善
シミ予防

1.サウナの熱で肌荒れの軽減

上記で述べた通りサウナに入ることで、ヒートショックプロテインの発言・新陳代謝の効果により皮膚が修復され、肌荒れが改善されます。

「天然のチーク」といわれるくらい肌つやが良くなり、ファンデーションが不要になったという女性が多くいます。私自身サウナに入ることでニキビが改善できた経験があります。

2.サウナの効能によって肌の血色をよくする

サウナに入ると、熱された肌を冷やそうとして、皮膚表面の(特に顔)の毛細血管の密度が上がります。毛細血管の密度が上がると、毛細血管から運搬されてきた栄養を受け取り線維芽細胞が活性化されることによって、コラーゲンの産生力が上がるといわれています。

サウナに入ることで血流が良くなり、体中に酸素も栄養もいきわたるので血管のアンチエイジングになるというわけです。

3.シミ予防

サウナに入ることで、大量の汗が毛穴に詰まった菱谷確執といった老廃物を流します。皮脂や角質が落ちれば、黒ずみや毛穴の原因となる角栓ができなくなります。

また、サウナに入ることで発生するヒートショックプロテインは紫外線ダメージも修復できると言われているので、アウトドアスポーツなどで紫外線を浴びた後、サウナに入るのはシミ予防にも役立ちます。

美肌に効果的なサウナに入り方とは

サウナは目的によって入浴時間が変わりますが、美容・美肌に効果的なサウナの入り方を紹介します。

美容・美肌に効果的なサウナの入り方

  • サウナに入る前にしっかり水分補給をして美肌効果
  • お肌のために入るサウナは長くても12分
  • サウナ入った後の水風呂&外気浴
  • 低温サウナ・ミストサウナ・スチームサウナがお肌におすすめ!!

サウナに入る前にしっかり水分補給をして美肌効果

サウナで大量の汗をかくため、体内の水分が放出されます。事前に水分補給をすることで汗をかきやすくなり、より効果的なサウナになるでしょう。

サウナに入るときの水分補給の正しい方法として解説している記事がありますので下のリンクから参照してみてください

お肌のために入るサウナは長くても12分

サウナによってですが、理想的な時間は8~12分ほどです。長時間サウナに入りすぎてしまうと、お肌が乾燥してしまい逆効果となってしまいます。

サウナに適切な時間設定で何度も入ることで、代謝を高め、自律神経・血液の流れを整えることでお肌への副次的効果を獲得できます。

サウナ入った後の水風呂&外気浴

サウナに入り血液循環を良くした後に、水風呂に入ることで血管を収集くさせる。これによって自律神経に刺激を与えることができ、心身ともにリフレッシュすることができます。

サウナに入り自律神経を整えることでストレス解消や睡眠不足解消できるため、間接的に美容・美肌にいい効果といえます。

低温サウナ・ミストサウナ・スチームサウナがお肌におすすめ!!

温度が低いサウナに入るメリットは、汗をゆっくりかけることです。

低温サウナに入りゆっくりサウナに入ることで、普段使っていない汗腺が活発に機能することで、お肌に天然保湿因子を含むいい汗をたくさん流すことができます。

また、皮脂腺の活性により毛穴の奥の汚れや皮脂を落とすことができます。美肌に最も効果的な汗の流し方ができます。

美肌効果があるサウナの利用頻度について

サウナに入ることが肌に良い影響を与えることがお分かりいただけたと思いますが、サウナに入りすぎると逆に肌に悪いのではと疑問を抱いてしまいますよね。

サウナのおすすめの頻度は週2回

肌にいいサウナのおすすめの頻度は、週2日程度です

毎日サウナに入ることで、健康面や精神面を安心させることで間接的に美容に効果をもたらすことができますが、サウナは健康な人でも身体にかなりの負荷がかかってしまいます。

先ほども紹介したヒートショックプロテインは、3日間程度持続するため、美容目的なら週2日ほど通うことをお勧めします。

サウナ後のケアも忘れずに行い、心身ともにリフレッシュしあくまでもサウナを楽しむことを忘れないでください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ここからSNSで共有できます!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる