【テントサウナ】レンタルタイプのおすすめランキング!メリットも併せて紹介

  • URLをコピーしました!

【テントサウナ】レンタルタイプのおすすめランキング!メリットも併せて紹介

日本のあちこちで、サウナイベントが開催されている中でテントサウナに興味を持った方もいるのではないでしょうか。

ですが、テントサウナを実際に購入して利用するのはハードルが高かったり、テントサウナをレンタルしようにもどれを選べばいいのかわからない。

そこで今回は、「レンタルタイプのテントサウナ」をランキング形式で、比較しながら紹介していきます。

記事の後半ではテントサウナをレンタルするメリットやテントサウナの利用におすすめな場所についても解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

本記事の内容

  • レンタルタイプのテントサウナをランキング形式で発表
  • テントサウナの値段をわかりやすく解説
  • テントサウナをレンタルするメリット
目次

【初心者向け】テントサウナとは

テントサウナとは、文字通りテントをサウナにしたものです。

テントサウナの一番の特徴は持ち運んで設置すればどこでもサウナを楽しめるという点です。

銭湯との大きな違いは、サウナから上がって汗だくで火照った体を大自然の解放感の中で冷やしてリラックスできるという点で、このテントサウナで火照った体を大自然の解放感ある中で冷やして、リラックス・ととのうことができることから注目を浴びています。

また、テントサウナは持ち運ぶことが可能なため、川や湖などの水辺にテントサウナを設置し、しっかりと汗を出した後にすぐに湖や川に飛び込んで、クールダウンすることで大自然の中で「ととのう」ことができます。

発祥地はサウナ大国フィンランド

サウナ発祥の国とも呼ばれているフィンランドでは、日本のお風呂のような感覚でサウナが楽しまれています。
諸説ではありますが、テントサウナは元々、軍隊が遠征地でもサウナを楽しめるようにと開発されたものという噂もあります。

また、『サウナ』は世界中で意味が唯一通じるフィンランド語とも言われています。

レンタルするテントサウナの種類

テントサウナの種類
①電気ストーブを使用し室内を温める
②薪ストーブを使用し室内を温める

テントサウナには、電気ストーブで室内を温めるタイプと薪ストーブを使用し室内を温めるの2パターンがあります。

①の電気ストーブを使用する場合は出力によって変わりますが、8kWでは80℃前後が室内の最高温度となります。

②の薪ストーブは、薪を燃やした熱でテント室内を温めるのでテントサウナの種類によっては室内が120℃まで達する事もあります。

また、テントサウナの作りはテントの中に薪ストーブを設置して排気用の煙突を立てるというシンプルな構造になっており、いかにサウナの外に熱を逃がさないかがテントサウナを楽しむ一番のポイントとなってきます。

【ランキング】レンタルタイプのおすすめテントサウナ4選

テントサウナ

テントサウナを購入するには高すぎる…という方におすすめしたいのが、テントサウナのレンタルです。


おすすめのテントサウナのレンタルを厳選して紹介していきます。

【1位】おすすめのテントサウナレンタル先:トトノウジャパン

Mobibaパック
Mobibaパック

一つ目に紹介するテントサウナのレンタルサービスは『トトノウジャパン』です。こちらでは、2種類のテントサウナをレンタルすることができます。今回はそのうちの一つを紹介していきます。

初心者から中級者向けの商品となります。
【商品の特徴】 ・開閉式ドアを採用しているため出入りがしやすい ・テントが軽量なので初めてでも設営しやすい
【こんな人におすすめ】 ・テントサウナが初めてのかた ・写真映えを意識している方は 必ず下記もセットでお申し込みください。
https://kauriru.com/tent-sauna/items/1360

トトノウジャパン

と説明されています。構造は非常にシンプルで、普段キャンプに行っている人はもちろん、初心者の方でも簡単に組み立てることができるテントサウナだと思います。

■基本情報
・4名用テントサウナ
・消耗品の付属なし(薪、ライター/マッチ)・料金:38,500円〜/2泊

【2位】おすすめのテントサウナレンタル先:サウナヘブン (SAUNA HEAVEN)

サウナヘブン

二つ目に紹介するテントサウナのレンタルサービスは『サウナヘブン』です。画像にも書いてありますが、セルフロウリュができるテントサウナです。このテントサウナも構造はシンプルなので、初心者・中級者の方におすすめのテントサウナです。

Mobibaモバイルサウナの特徴
・サウナストーンでお好きなタイミングでセルフロウリュが楽しめる
・初心者でも組み立てが簡単
・ドライサウナが楽しめる
・友だちと一緒に最大4人まで利用できる

セルフロウリュに加えドライサウナも楽しめるみたいです。一つのテントサウナで色々なことが楽しめるのが、このテントサウナの魅力だと思います。

基本情報
・4人用
・オプション
 <ヴィヒタ>3,000円 <サウナ用ベンチ(2人用)>1,000円 <薪>800円/1束
・料金:30,000円/2泊3日

【3位】おすすめのテントサウナレンタル先:Poika Sauna

Poika Sauna

三つ目のおすすめのテントサウナのレンタルサービスは『Poika Sauna』です。こちらのテントサウナは、非常にお手頃な価格です。また温度が60℃前後なので、マイルドな暑さを楽しむことができます。

テントサウナでは、専用のサウナテントと薪ストーブで、場所を選ばずサウナを体験出来ます
大自然のなかで熱々のサウナに入り、小川や雪に飛び込んだり、外気浴をしたり、、、
テントサウナには、キャンプ好きやサウナ好きの誰もが、一度は憧れるようなロマンが詰まっています
一方いざ買うとなるとテントサウナは高額かつサイズも大きく、費用や置き場所がネックで購入をためらう方も多いと思います
PoikaSaunaではそんなテントサウナを、お手頃価格でレンタルして気軽に楽しむことができるサービスを提供しています

Poika Sauna

このようにある通りお手頃価格でテントサウナをレンタルして、気軽に楽しめるのがPoika Saunaの一番の魅力です。
もう一つテントサウナのレンタルがありますが、こちらの価格も20,000円と比較的お手頃な価格です。

■基本情報
・2名〜4名用
・セット内容:テント・ストーブ・耐熱クローブ
・オプション:サウナ用チェア(無料)
・料金:15,000円/1泊2日

【4位】おすすめテントサウナレンタル先:ヤマサウナ

IMG_20200211_135011.jpg
ヤマサウナ

ここまで、少人数専用のテントサウナのレンタルサービスを紹介してきたので、大人数でも利用可能なテントサウナのレンタルサービスも紹介していこうと思います。
4つ目に紹介するテントサウナは、『ヤマサウナ』です。もちろん少人数のテントサウナのレンタルサービスも行っています。しかし、大人数のテントサウナのレンタルは珍しかったため、こちらのテントサウナを紹介します。

大きくゆったり過ごせるテントサウナ
​三層構造のテントで100度超えも!?

ヤマサウナ

このように大きいですが、しっかりと温度も出るテントサウナになっています。温度も100度超えてくるので、しっかりと整うこともできます。

基本情報
・6名用(12名まで収容可能)
・消耗品付属なし(薪、ライター/マッチ)
・追加オプション:10,000円(サウナストーン・バケツ・ラドル・アロマオイル)
・料金:40,000円/1泊2日

レンタルのテントサウナと購入タイプの違い

1人用テントサウナの利用方法には主に2パターンあります。

①テントサウナをレンタルする
②テントサウナを購入する

主に、1人用のテントサウナはレンタルもしくは、購入することによって利用することが可能です。

詳しく解説していきます。

テントサウナを使える場所

  1. キャンプ場
  2. ビルの屋上
  3. 湖畔や川
  4. 自宅の庭

①1人用テントサウナをレンタルする

上記でも詳しく解説しましたがテントサウナを購入するには値段が高いという方におすすめしたいのが、テントサウナのレンタルです。

サウナテントは購入すると10~20万円以上する製品が多く、一般には手を出しづらいかと思います。

レンタルとして購入前に実際に試してみることで、購入したけど思っていたものと違った…といった失敗を防ぐことができます。

②テントサウナを購入する

アウトドアでも持ち運べるサウナや自宅の庭に設置できるようなテントサウナが欲しい!テントサウナを繰り返し利用したいと考える方は工事不要のテントサウナの購入をおすすめします。

テントサウナは様々な場所で使うことができます。

実際に、テントサウナを所有している方とお話ししましたが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)が格段に上がり休日が本当に楽しくなった。と言っていました。

1人で出かけて、湖畔でゆっくりテントサウナを。みんなでわいわいBBQしつつテントサウナに入るというように柔軟な使い方が可能です。

ヤンマガWebさんより引用

レンタル式テントサウナのメリット

テントサウナをレンタルした際のメリットを具体的に解説します。

イベント等で主催側として利用できる

テントサウナをレンタルした際の使い方としてアウトドアイベントを開催する際にテントサウナを設置することができます。

2022年の3月19日までの期間限定で、東京・下北沢にて開催されていたアウトドアサウナイベント『サウナタウン下北沢』でもテントサウナは利用されていました。

サウナの聖地「しきじ」を堪能できる『サウナタウン下北沢』が開催中!今しかできない真冬の“ととのい”体験!!

テントサウナを購入前するより格安で楽しめる

テントサウナをレンタルした際のメリットとして、購入するよりも格安で利用できるという点があります。

サウナテントは購入すると10~20万円以上する製品が多い一方、レンタルでは5万円前後での利用が可能です。

【テントサウナ】レンタルタイプのおすすめランキング!メリットも併せて紹介:まとめ

テントサウナをレンタルするときにおすすめ4選

  1. トトノウジャパン
  2. サウナヘブン(SAUNA HEAVEN)
  3. Polika Sauna
  4. ヤマサウナ

テントサウナを使える場所

  1. キャンプ場
  2. ビルの屋上
  3. 湖畔や川
  4. 自宅の庭

テントサウナと言っても通常のサウナと設置方法は大きく変わらず、説明書もあるので設置に関しても事前知識等は必要ありません。

ぜひみなさんもテントサウナをレンタルして、日本中のあらゆるところでサウナを楽しんでみてください!

こちらの記事では、アウトドアにおすすめなテントサウナや紹介しています。また、関東でテントサウナイベントを開催しているおすすめの場所も併せて紹介しています。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ここからSNSで共有できます!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サウナメディア「SISU」の運営代表&ただのサウナー
若者のサウナ好きをもっと増やしたいと日々思いながらサウナ事業に携わっています。

好きなサウナ→地元北海道のThe GEEK。
ホームサウナ→神楽坂の竹の湯。

ひと言:現在ととのいスランプ中
資格:サウナスパ健康アドバイザー

目次
閉じる